トピックス

読者ニュース2014年5月18日NO.152

カテゴリー:

広報・広聴特別委員会 兵庫県加西市・京都府福知山市

議会だより、議会報告会の運営などを視察 

加西市庁舎

加西市庁舎

 市議会広報広聴特別委員会は、4月22日から23日にかけて、兵庫県加西市議会と京都府福知山市議会で視察研修しました。両市とも議会基本条例を制定し、議会報告会も開催しています。

 加西市は人口4万6千人で、平成22年6月に議会基本条例を制定しています。議会報告会は年2回開催し、2班構成で1回4会場で行っています。

 報告会は1時間30分を目途とし、1部として議会報告と質疑応答、2部で市政の課題について意見交換、質問・要望を聞き、事前にテーマを設定し意見交換も行っています。

 報告会の内容は、議会だよりで報告し、参加者にアンケートを配布し結果も報告しています。 

福知山市議会にて

福知山市議会

 福知山市は人口8万人余で、25年4月に議会基本条例を制定。なお議会報告会は条例制定前の22年度から4回開催し、制定後1回行っています。

 報告会は1時間30分、年2回開催、当初予算審議後と決算審議の後を予定。本年2月の場合、3会場で議員の役割を決め1人2会場程出席しています。内容は議会報告と質疑、そして意見交換としています。

また市民に対して、「議会だより」についてのアンケートも行っています。

 両市の基本条例には、請願・陳情の提出者が希望した場合は、意見を述べる機会を「保障します」、「配慮しなければならない」としており、請願者の全員が議会で意見を述べています。市の条例では「意見聴取を行う機会を設けることができる」としており、積極的な対応が必要です。

 また、両市とも基本条例で一般質問は一問一答方式を採用しており、南砺市でも6月議会から一括質問・一括答弁と合わせ、採用されるので参考になりました。

 

南砺市議会報告会開催

◎5月22日(木)PM7:00~ ◎福光庁舎3階ホール

 南砺市議会基本条例が昨年12月議会で制定され、4月1日に施行されました。条例の第5条「市民と議会との関係」の一項目に「議会は、市民の多様な意見を把握できるよう議会報告会等を開催するものとする」とあります。

 年間開催回数は4回とし、福光5月、福野8月、井波11月、城端2月に開催されます。なお対象は、開催地域だけでなく、全市民です。

 運営方法は、議会運営委員会で決定し、開催準備、当日の運営については広報広聴特別委員会が担当することになっています。

 

 

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2020 Nakashima Mituru